自治体職員のテレワークをセキュアに実現!

moconaviの
LGWANリモートアクセス

自宅や外出先からいつでもどこでも
庁内環境へアクセス!

センシティブな情報を扱う官公庁や地方自治体などの団体で使用されるLGWAN(行政専用閉域ネットワーク)へは、
通常、庁外など外部からのアクセスができません。
そのため、団体では思うようにテレワークが浸透しませんでした。

moconaviならLGWANへの安全なアクセスが可能に!

moconaviなら
場所にとらわれることなく業務を
行うことができます。

庁内外の様々なシステムに安全にアクセス!

moconaviやmoconavi RDSを使えば、各種端末から庁内外の様々なシステムへ安全にアクセスすることができます。
外出先でも快適な業務を実現できることはもちろん、端末にデータを残さないため、テレワークにおける様々なトラブルを事前に回避。

高度なセキュリティと操作性で、柔軟な働き方をサポートします。

テレワークのセキュリティの心配は
moconaviが解決します

まずはお気軽にお問い合わせください

選べる2つのリモートアクセス


支給PCやBYODで庁外から
LGWAN内のシステムへセキュアにアクセス

PCやモバイル端末から、庁内の様々なシステムへ安全にアクセスできるテレワークプラットフォーム。
電話帳やカレンダー、セキュアブラウザ、ドキュメントビューアなどの機能を備えているほか、100種類以上のビジネスサービスと連携可能です。
すべてアプリ内で完結するため、端末にデータを残しません。

庁内PCを遠隔操作

高品質なリモートデスクトップツール。庁外から庁内のPCにリモートでアクセスし、VPN不要で業務アプリや社内システムが利用できます。
毎秒30フレームの画像転送でも快適なリモート接続を実現。画面のみ転送するため接続元PCにはデータが残らず、BYODにも最適です。

moconavimoconavi RDS
安全なテレワークを実現できる理由

端末に一切データを残さない堅牢なセキュリティ(サンドボックス型)

moconavi
端末にデータを一切保存しないので、たとえ端末がウイルスに感染したり、端末を紛失したりしても、ウイルスの庁内侵入やデータ漏えいの心配がありません。
理由01

端末に一切データを残さない堅牢なセキュリティ(画面転送型)

moconavi RDS
画面転送型なので、LGWAN内にある接続先端末での画面を実況しているだけです。操作側(接続元端末)にデータが一切残らない仕組みのため情報漏洩が不可能です。
理由02

デバイス証明書不要、
IP制限も簡単

moconavi
デバイス証明書がなくても独自にデバイス認証が可能。どの端末からアクセスしてもmoconaviセンターを経由するため、IP制限によるアクセス制御が簡単にできます。

SSL/TLS、AES256で暗号化

moconavi / moconavi RDS
全てのリモートセッションは、強固なセキュリティであるSSL/TLS、AES-256ビットで保護されているため安全です。また、デバイス認証や2段階認証などにも対応しているためセキュリティは万全です。
理由03

画面キャプチャ抑止で徹底的に情報を保護

moconavi
テキストのコピー&ペースト、および画面キャプチャも制御できます。(キャプチャ制御は、Androidは操作抑制が可能。iOSはキャプチャ検知後にサーバへ通知し、さらに次回ログインからユーザ利用停止にすることが可能。)

ウォーターマークで画面キャプチャ抑止

moconavi RDS
ウォーターマーク(電子透かし)機能で、画面キャプチャを抑止することが可能です。万が一情報が流出した際もこのウォーターマーク機能によって、追跡が可能です。

職員のテレワークを可能に。ワークライフバランスに貢献

moconaviのLGWAN リモートアクセスサービスを使えば自宅はもちろん、インターネット環境さえあれば庁外からLGWAN内のサービスにアクセス可能です。いつでもどんな場所からでも安全にテレワークができるため、自然災害や有事の際でも滞りなく業務を行えます。
また、育児や介護、ワーケーションなどの多様な働き方が可能なので、職員のワークライフバランスに貢献、働くモチベーションの向上にも寄与します。

テレワークのセキュリティの心配は
moconaviが解決します

まずはお気軽にお問い合わせください

moconaviは導入企業1,000社突破
30万ID以上にご利用いただいています

KDDI
伊予銀行
SMBC日興証券
和歌山県
NEXCO東日本
NTTCommunications
NTTデータ
Rakuten Communications
EDION
UNISYS
KEYWARE SOLUTIONS
三菱地所
東レ建設株式会社
清水建設
三菱電機ビルテクノサービス
SUZUE CORPORATION
蝶理株式会社
ニチレイ
東急百貨店
アクタス
セゾン投信
近鉄不動産
サーラグループ


自治体導入事例 - 和歌山県庁

行政事務の効率化を推進するため、ICTを積極的に活用する和歌山県庁様。
moconaviを導入したことで「生産性向上」「ワークライフバランスの改善」など、様々な面で業務効率化を実感いただいているといいます。

こちらの記事ではmoconaviの導入に至ったポイントや導入後の具体的な効果などについて詳細にお話いただきました。
MAM部門シェアNo1

moconaviはMAM部門
シェアNo.1※

モバイル端末上のアプリを管理するシステム「MAM(Mobile Application Management)」の分野において、moconaviはシェアNo.1を誇るテレワークプラットフォームです。
社給端末やBYODでの業務データの漏洩リスクを避けるため、様々な業種・業界でmoconaviが活用されています。
※株式会社テクノ・システム・リサーチ「2020-2021年版 エンドポイント管理市場のマーケティング分析 モバイル管理パッケージ」モバイル管理市場調査

まずは無料体験から!
便利な導入サポートをご利用ください

導入サポート01

30日間の無料トライアル

無料で30日間、20ユーザまで、
貴社のシステム環境で各機能を
体験いただけます。
導入サポート02

スタッフによる
導入サポート

貴社でのご利用開始まで弊社スタッフがサポートし、最短5営業日でご利用いただけます。
導入サポート03

万全のサポート体制

万が一ご不明な点がある場合にも
迅速にお応えするサポート窓口を
ご用意しています。

テレワークのセキュリティを
moconaviで見直してみませんか?

まずはお気軽にお問い合わせください

よくあるご質問

moconaviとは、どういうサービスなのでしょうか?

スマートフォンやタブレット、Windows10PCから業務に使うシステムにアクセスするための「端末にデータを残さない」リモートアクセスサービスです。

端末上はアプリとして存在し、moconaviアプリの中に各業務サービスサーバへの入口を持ちます。

さらにmoconaviは、メールやファイルなどデータへのアクセスだけではなく、電話やチャットといったビジネスコミュニケーションのセキュリティもカバーします。幅広い連携機能で「仕事はmoconaviから」を実現します。

moconaviはオンプレミスシステムへのリモートアクセスも可能ですか?

はい、可能です。

moconaviはクラウドサービス、オンプレミスシステム、両方に接続できるリモートアクセスツールです。

会社から従業員に支給しているスマホやタブレットでも、使用端末(BYOD)でも使えるということでしょうか?

はい、使えます。

moconaviは、会社支給端末にもBYOD端末にも適用できるリモートアクセスサービスです。企業様内で社給端末とBYODが混在している場合も利用できます。

どんなシーンでmoconaviは利用されているのでしょうか?

社外から業務メールの確認・返信を行う、稟議を決裁する、勤怠を打刻する、日報を報告する、業務ファイルを閲覧する、名刺を閲覧する、電話の発着信を行う、チャットコミュニケーションを行うなど、多岐にわたります。

また、PCの前に座っていられないシーンでも仕事を進められるツールとして、外出中に限らず社内でも、在宅勤務中でもご利用いただいています。

金融機関や官公庁・自治体の導入実績はありますか。

はい、複数ございます。

契約前に、実際に自社で利用中のシステムにmoconaviからリモートアクセスを設定して操作感を試すことはできますか?

はい、30日間の無料トライアルでお試しいただけます。

プランと費用を教えてください。

moconaviはワンプランです。どのサービスへのリモートアクセスを設定したとしても、また、複数のサービスへのリモートアクセスを設定しても、moconaviのライセンス費用は同じです。

費用詳細はレコモットまでお問い合わせください。

まずはお気軽にお問い合わせください